企業に勤めたり、あるいはフリーエンジニアとして働くにしても、チーム内スタッフ同士の関係について把握する事は大切なことである。組織には上下関係が存在し、上位に立つ役職が現場の統率を行う。フリーの立場からプロジェクトリーダーとして仕事に取り組む場合にも、組織内での位置関係について明確に区別することが肝心だ。

プロジェクトリーダーにとって上司となる可能性があるのは、プロジェクトマネージャーです。まずはリーダーとマネージャーの二者の明確な分類について、知っておくべきだろう。プロジェクトのリーダーは主に、業務の進捗状況を管理したり、スタッフに対する直接的な指示を行う仕事に携わる。

一方でプロジェクトマネージャーの場合には、リーダーから提案された問題に対して対応策を判断したり、その他に決済など開発に関わる重要な決断を下す立場にある。それぞれの仕事の役割分担について明確に分けておかなければ、開発業務が混乱することにもなりかねない。

特にフリーエンジニアとして開発チームに参加する場合には、組織内の各役職の立ち位置について把握しづらい面があるのだ。役割分担が不明なままでは、その後の業務に支障をきたすこともあるため、事前に確認しておくことが肝心である。
プロジェクトリーダーの立場から、上司にあたるプロジェクトマネージャーと十分な打ち合わせを行う事で、互いの役割分担をはっきりと理解することができるだろう。