フリーエンジニアとして仕事をこなして行くためには、仕事のノウハウを知る必要がある。
しかし、プログラマとしてどのように仕事を進めていくべきであるのか、知る機会は少ない。実際に開発現場に携わってこそ分かることが多くある。フリーエンジニアとして独立する前に、まずは仕事をこなすための必要な知識や経験を積んでおくことが、安定した仕事の獲得へとつながっていく。

まずは、たとえ小さくとも何らかの開発会社に勤めて、プログラマとして開発プロジェクトに参加することが役に立つ。プログラム開発の新人の頃は、どのように仕事をこなしていけばいいのか分からない点が多数ある。しかし、数年でも実際に仕事に携わっていけば、仕事の全体像が分かってくる。こうした経験があるかないかでは、プログラマとしての仕事ぶりに大きな差が出てくる。プログラミングが学べる専門学校や大学からいきなりフリーエンジニアとして独り立ちするよりは、何らかの実務経験を持っておいたほうがよい。

適切な段階を経てプログラミング技術者としてのキャリアをプランニングしていくことで、無理のないステップアップが図れる。情報技術の開発分野で独り立ちしてフリーのエンジニアとして活動している人たちが、どのような経緯を経てそうした立場にたどり着いたのか、過去の経歴を調べてみることも参考になる。新人のプログラミング技術者にとって、そこから学び取ることができる事柄は多い。