情報技術の分野でプログラマーやシステムエンジニアとして仕事に取り組んでいる間は、割り当てられた仕事に対して集中することができる。
ひたすら技術力を磨いて、さらに上のキャリアを目指すことができる。しかし、プロジェクトリーダーとなると、開発チーム全体に気を配る必要が出てくる。開発スタッフと向き合って、やる気を引き出すことが必要である。プロジェクトリーダーの立場に立つと、人に対する向き合い方について、そのコツを掴んでおかなければならない。

フリーエンジニアは、職場が仕事によって変わるため、人間関係が築きにくいというデメリットがある。
そのような条件の中でプロジェクトリーダーとしての仕事をこなすには、相手の心を速やかに掴む事ができる話術が必要となる。まだ出会って時間が浅くとも、相手の心を掴んで親密になることが出来る人がいる。そうした人のテクニックは参考になる。プロジェクトのリーダーとしてふさわしいコミュニケーション能力が身につけられるよう、フリーエンジニアは特に心がけるべきである。

フリーエンジニアとして関わった開発プロジェクトの中で、尊敬できるプロジェクトのリーダーに出会うことができたなら、その人からコミュニケーション術のノウハウが学べる。人に接する際の話し方や態度の小さなテクニックが、相手の心を掴むことに効果を発揮している。これからのキャリアアップに備えて、人心掌握術の習得に取り組むことが重要である。